ジョンセンムル先生と友達の口コミを信じてクッションファンデを購入してみた。

ピンクと黒の面のあるファンデーションが入った正方形の箱と ノベルティーが入ったライトグレーの箱の画像

JUNG SAEM MOOL Essential Skin Nuder Cushion Pink Edition

 

クリオのキルカバーの色選びに迷って友達に相談したところ、

「ジョンセンムルのほうが良かったよ!」

という信頼できる口コミをゲットしたので一旦ジョンセンムル先生のクッションを試してみることにしました!

今回はお得なセットがあったので、Qoo10で購入しました!
私はここで購入しました〜↓

[Qoo10] ジョンセンムル : ジョンセンムルクッションファンデーション... : コスメ

 

 

 

 

 

1.購入品

ジョンセンムル エッセンシャルスキンヌーダークッション

20 ピンクエディション  Color:Medium(二番目に暗い色)

ピンクで正方形の外箱、ピンクで丸いファンデケース、リフィル2つの袋もピンクでギラギラな写真

20周年記念の限定でピンク仕様

 

限定品でパッケージがピンク、リフィルも2個ついてました。

 

外箱の中は銀色でこちらもギラギラ。ケースとリフィルがぴったりぎっしり外箱に入っている写真。

箱にたっぷり詰まっている

 

他の色は3990円でしたが、Mediumだけ在庫があるのか2920円で販売されていました。

色展開としては一番暗い色でMedium Deepがあるらしいですが、カラー選択画面にはでてこなかったので取り扱いがないのかもしれません。

 

ファンデーションケースを開けてみた写真。パフが銀色でメタリック。

パフもギラギラ

 

あとキャンペーンとしてクッションパッケージ(本品+リフィル)を購入するとスキンハイドレーション&トーンアップセットというスキンケアセットをプレゼント!とアナウンスがありましたが、200個限定だったのでもらえるのかどうなのか…

 

ノベルティセット外箱の写真。

先着200名のノベルティもらえました。

 

よかった〜!もらえました!

下地気になっていたので嬉しいです!

 

それぞれ3〜4回分は入っているかな?という大きさの化粧水、乳液、トーンアップ日焼け止め下地が並んだ写真。

左からトナー、クリーム、トーンアップサンベース

 

 2.エッセンシャルスキンヌーダークッションの特徴

・長持ちするグロー効果

・長時間保湿カバー

・色ではなく光の補完的な効果で明るい肌のトーンを作り出す。

らしいです。

 

私はどちらかと言えばマット肌のほうが好きなので、エッセンシャルスキンヌーダークッションロングウェアーの方を買うべきだったかもしれませんが、友達が「自然な発光感だよ!」と教えてくれたので勇気を出してツヤっぽい方を購入してみました。

 

3.色選びは成功?

 

日本の化粧品ではだいたい2番を選びがち、ものによっては2番でもちょっと明るい?と思う私の肌。2.5番とかがあったらちょうどいいかもしれない。

セムのチップコンシーラーは1.5番を使用しています。

過去にオピュ ワンダーテンションパクト パーフェクトカバー23番を使ったことがありますが、あれも結構私の肌には明るかった印象…

 

どんな私の肌と今回のクッションファンデのカラー Mediumの相性…

 

全顔にしっかり使うには、明るい!

が、ナチュラルに肌のトーンを整える程度に使うには(ちょっっとだけ明るい気もするけど)ちょうどいい!

って感じでした。

 

 

 

4.私の赤いニキビ跡を隠せるのか?カバー力はいかに

 

本来この商品が「ハイカバー」と謳うものではないため、項目に入れるかは迷いましたが…

私と言えばカバー力なので、やってみました。

商品の説明にもあった通り「色ではなく光の補完的な効果で明るい肌のトーンを作り出す」という感じで、特にトラブルのない面の肌は少量でも表面がつるーっとなったようにきれいにしてくれます。イメージとしてはBBクリームというよりCCクリームのようなの仕上がりです。

 

ではトラブルのある部分、私で言うと赤いニキビ跡のある部分はどうでしょうか。

オピュ カバーパンクッションの時と同じスッピン写真との比較です。

(同じ日に撮ったのでまたパッチ貼ってあります…)

 

スッピンで無数の赤いニキビ跡が残る肌

すっぴんの肌

ニキビ跡の赤身は和らいでいるがそこにあることはしっかりとわかる仕上がりの写真。

エッセンシャルスキンヌーダーを塗った肌


 

 

どうでしょうか。

比較用にオピュと並べた画像を作ってみました。

値段も全然違うので比べるのもかわいそうですが、一応ね!

 

オピュとジョンセンムルの仕上がりを並べて比べている画像。

 

 

ニキビ跡に対するカバー力は同じ位に見えませんか?

ちなみにこれはiPhoneの外カメラで色味加工なし、夜の室内で灯りは天井のもののみです。

 

 

しかも、仕上がりの質感の差やそれこそ「光の補完的な効果」のおかげか、トータルで見るとジョンセンムルの方が肌がきれいに見えます。

 

また、アイブロウで検証してみましょう。

今回はジョンセンムルの「ジ」。

腕にブラウンのアイブロウで「ジ」と書かれた写真。

 

腕に塗った「ジ」の上にファンデーションを塗ってみた写真。隠せている!とは言えず、文字の色味もわかる。

エッセンシャルスキンヌーダーを塗られた「ジ」

やっぱりカスポット的なバー力としては今ひとつといった感じがありますね。

 

 

あと、毛穴も綺麗に隠してくれました。

大きく開いてしまったり、たるんでしまっている毛穴などを隠してくれるかはわかりませんが…

 

 

5.ツヤ感はどの程度?

 

セミマット〜マット肌が好きな私にとって、ツヤ感は重要事項。

顔が丸々としているので、変にツヤを出しすぎると余計顔の張りを増幅させてしまう感覚があるし、テカリに転んで見えてしまう可能性がかなり高いです。

 

昼の部屋の中にいて、顔が光り過ぎない程度に太陽の方を見てみたときの写真ですが、

目のあたりやおでこのあたりのツヤを見て見て欲しいです。

 

顔の艶感を伝える写真。艶以外の場所は塗りつぶして隠している。

 

うん、結構自然なツヤです!

光って欲しいところにちゃんと光が集まって、ベタベタしているように見えないツヤが出ています。

かなりのマット肌じゃないと嫌!っていう人は初めからこのファンデーションを選ばないとおもいますが、セミマットが好きだったり、控えめなツヤ肌が好きだったり、マット肌が好きだけどツヤ肌に挑戦してみたい!って方が使うのにぴったりだと思いました。

 

 

塗る時に肌に乗せた感覚としては、オピュのカバーパンよりは軽い感覚でした。

そしてちょっとパウダリーでサラッサラの液体を乗せているような感じでした。

 

 

 

6.持続力や崩れ方はどうかな?

 

やっぱり、マスクに触れてしまう部分はマスクについてしまいますね。

しかしマスクに触れていない部分、マスクに隠れていない部分は「ドロドロになってる!」「ひどい毛穴落ちしてる!」「すごくくすんで見える!」みたいなことはありませんでした。

真夏の炎天下の中だと、やっぱりどろっと崩れてしまうかな…と予想しています。

 

あと、時間が経っても「乾燥するな〜」とは感じませんでした。

元々そこまで乾燥を感じない、どちらかというと脂性肌なタイプですが、乾燥は感じないしベタベタするなって感じもなかったです。

 

 

 

7.まとめ

 

鏡の傷防止テープに英語で「美しさはあなたから始まります。信じなさい。」とメッセージが描かれている写真。

鏡に「Beauty starts from you. Just believe.」のメッセージ

 

ジョンセンムルのエッセンシャルスキンヌーダークッションは、トラブルに対するカバー力が高いわけではないけど、肌を綺麗に見せてくれる力がある。

誰でも挑戦しやすい自然なツヤの仕上がり。

マスクなどの接触には弱いが、それ以外の場所は酷い毛穴落ちやくすみなどを起こさない持続力がある。

 

と言った感じでしょうか…

やっぱりいちばんの魅力は肌を綺麗に見せてくれることかなと思います。

スポット的なトラブルがない人には是非使ってみてほしいです!

マット肌になる方も使ってみたいな。

 

 

 

おまけ

 

ギラギラなパフの写真。


 

通常のパフだとどうか分からないんですが、このギンギラなパフがすごく硬くて使いづらかったです。肌に触れる面は柔らかいんですが、パフをしならせるのが難しい(柔軟性がない)ので、思ったところに当てるのが難しかったです。

 

パフの肌に触れる面の写真。この面は柔らかい。

肌に触れる面はこんな感じ

通常パッケージのもそんな感じなのかな?使ってる人いたらよかったら教えてください〜

 

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます!

記事内に比較として出てきたオピュのカバーパンロングウェアクッションの記事や

 

www.f-voyage.com

 

 

 

他の韓国コスメの記事も

 

 

www.f-voyage.com

 

 

www.f-voyage.com

 

 

 

ぜひ見てください〜