「未来と芸術展」行ってみて!


ファッションプレスのこのツイートを見てから

 

行きたい!!と思っていた「未来と芸術展」に昨年行ってきました(また時間が経ってしまった)
未来と芸術展の開催期間は3月末までなので、気になった方はぜひ行ってみてください!

 

展示内容を超簡潔にまとめると、

 

「テクノロジーが発展し続けた未来に起こる、社会や人間の変化・あり方について共に考える。」


といった感じでしょうか…。
テーマや展示の概要を読んでも「難しそう…」と思うかもしれませんが、展示内容はまさに私たちの生活に関わってくることなので理解しやすく、模型や一部屋丸ごと使った大きな作品、壁一面のスクリーンを利用した作品なども豊富なので、難しく考え込まずに新鮮な気持ちで見て回ることができると思います。

 

 

もっと簡単に言うと「未来にこういうことが起こりそう」「こんなことが起こったらこうしよう」「〇〇してみたらどう思うかな?」「あの計画素晴らしいからこれからたくさん広まるといいな」というアイディアの発表会みたいな感じです。

 

 

展示風景を見てもらうと…↓

 

展示風景「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」 | Flickr


聞いて想像していたよりポップで面白そうな雰囲気だな~と思ってもらえるでしょうか?
写真の中には、私や友達がかわいいかわいいと夢中になったロボット「LAVOT」もいますね!この子達に会いに行くためだけでもチケット代払う価値があります(TT)


多くの作品が撮影OKだったので、印象に残った作品や計画について、写真や映像(動画は1分まで)を交えて友人と共有するのも面白いでしょう!

 

しかし、未来のことを考える、ということは展示概要にもある通り「決して明るいものだけではないかもしれません」。
倫理観を問われるものや、言いようのない不快・不安感に襲われる作品も人によってはあるかもしれませんので、注意です!

 

 

私の中で特に印象的だった展示は(LOVOT以外で笑)
アギ・ヘインズの「変容」シリーズ

詳しい作品名は忘れてしまったんですがマルチペアレント契約を結ぶとしたら…みたいな話し合いの映像作品です。


「変容」シリーズでは、身体機能拡張を目的とした外科手術を施した新生児のモデルを作成し、親が子どもをデザインすることについて倫理的に問いかける作品です。
上澄みのみ把握していた「デザイナーベビー」の枠を超えた新しい形のデザインは、現代を生きる私にとってかなり衝撃的なものでした。
出生前に子をデザインすることは「命の選別」「経済格差のさらなる拡大」と危惧されていますが、出生後まもない体にメスを入れ、親の思う「幸せ」を意志のない子どもに施すことにはどのような問題が予想されるのでしょうか。


「小さな体に」「本人の意思なく」と書き、作品にあるような衝撃的なビジュアルを施すとなれば、やはり批判の声が多いと思います。
しかし、私はこの作品にあるような手術と、たとえば幼少期の歯列矯正との間にはっきりとした線引きはできないんじゃないかと思うんです。


みなさんはこの作品を見てどのような感想・考えを持つんだろうか~…?


マルチペアレント~は15分程度の映像作品だったと思うんですが、契約によって結ばれる新しい家族の在り方の疑似体験を行っているところの映像です。
詳しく思い出せないのでとにかく未来と芸術展に行ってみてほしいです!
最初はそこまで興味なかったんですが、友達が見てみようと言ってくれてよかった!

 

東京シティビュー

また、森美術館を過去に利用したことがある方はご存じかもしれませんが、この展示のチケットがあれば追加料金なしで「東京シティビュー」にも入場可能です!

 

tcv.roppongihills.com


東京シティビューとは、六本木ヒルズ52階にある屋内展望回廊のことですが、これがまた東京丸見えなんです…
高いところ苦手な人でなければきれいな景色を存分に楽しめると思いますし、昼でも夜でもそれぞれの美しさを持った東京の様子を見ることができます!

f:id:agoagonunanuna:20200120011220j:plain

雲が多かったけど天気のいい日でした



 

f:id:agoagonunanuna:20200120011214j:plain

展望台から新国立競技場が見えた!

 

 

f:id:agoagonunanuna:20200120011224j:plain

足元は少し怖いかも…




 

 

 

さらに、東京シティビューにあるギャラリーでは、現在「特別展 天空ノ鉄道物語」という展示が行われています。
この展示の全てを見るには追加で料金(一般700円・中高生以下別料金)が必要ですが、追加料金が必要でないエリアにもたくさんの展示があり十分に楽しめると思います~

 

スカイデッキ


そして六本木ヒルズには屋上から東京を一望できる「スカイデッキ」という場所もあります。
手荷物をロッカーに預け、専用のエレベーターを利用して屋上へ出て、海抜270メートルからの景色を楽しむことができます。


高さはいうまでもなくめちゃくちゃ高いところなんですが、観覧エリアからすぐに真下の景色が見えるというわけではなく、ある程度施設設備(ボイラーみたいなものとか?)が広がっている空間があるので、多少の高所恐怖感は減少…されるでしょうかww

 

 

f:id:agoagonunanuna:20200120011532j:plain

遠くに見えるのはスカイツリー

 

ここから見える景色が好きで、私は各地のタワーにSHINeeカラーが灯る日も、ここから東京タワーを見ていました。
強風や降雨時など天候によっては営業中止になる日もあるのでHPをチェックしてくださいね!

 

 

スカイデッキに行く際は追加料金として以下の料金が必要なので気を付けてください!

 

スカイデッキ チケット料金

一般 500円
学生(高校・大学生) 500円
子供(4歳~中学生) 300円
シニア(65歳以上) 500円

 

 

割引情報

 

ここで私の大好きなお得情報ですが…

まず、「未来と芸術展」の定価チケット料金は以下の通りです

未来と芸術展 チケット料金

一般 1,800円
学生(高校・大学生) 1,200円
子供(4歳~中学生) 600円
シニア(65歳以上) 1,500円


そして一般の区分を利用する場合、チケットぴあで購入できる前売り券やアソビューというサイトで購入できるウェブチケットなら1500円になるみたいです!


チケットぴあ↓

https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1940970&rlsCd=001


アソビュー↓

www.asoview.com

 

調べたところ上記のお得な方法で購入したチケットでも、東京シティビューを楽しめるようです。

 

 

あと、美術館公式?の割引として
「未来人優待」というものがあります笑
未来を生きる若者たちが4人以上で来館すると、1名分の入場料が免除になるみたいです。
学生・子どもと区分によって免除額が変わるのと、窓口で人数がそろった場合のみの適用なので、機会があればぜひ利用してください~(?)

 

 

 

 

回し者感の強い記事になりましたが、もう回し者と思われてもいいくらいに好きで面白い展示だったので力を入れてこの記事を作りました。笑

展示期間ももう少し時間がありますし、六本木のあたりに用事ある際など行ってみてください~