ちょっと前に貧血起こしてぶっ倒れそうになった話

皆さんは、貧血を起こして倒れたことがありますか?


私は、ありません。


これまで学校の集会や、接客業で立ち仕事中、コンサート中などでも、倒れたことがありません。というか、座り込んだことも1度あるかないかくらいです。


(辛かった時といえば高校の卒業式で袴を着て、長時間着席していた際に呼吸のし辛さから気分が悪くなり、魚のように口をパクパクと開け閉めしてなんとか耐えたときくらいでしょうか。
あとは、それまで違和感程度だった生理痛が急にひどくなった時期があり、学校の最寄駅のトイレに1時間以上篭って出られなくなった時でしょうか。)

 


そんな私は先日、あと少しでぶっ倒れるところでした。おそらく貧血を起こしたんだと思います。


これまで「貧血気味だなぁ」と思ってたら日のこと、あれは本当に「貧血"気味"」だったんだと思い知らされました。


その日は悪条件が重なっていました。


・寝不足
昨日13時まで寝てしまって、なんとなく夜は眠れないだろうなぁとは思っていましたがやはりといったかんじで眠れず。結局3時頃に眠ることができて、いつもよりは早かったな、6:30に起きれば良いし3時間半は眠れる!と思っていました。
寝起きがそれほどよかったわけではなく、名残惜しく何度か寝てしまいましたが、普通にお弁当を作ることができたし、顔色もそこまで悪くありませんでした。


・生理前
不順なのでおそらく、ですがもうそろそろ来ると思います。体がむくみまくってて太ももがぶよぶよです。


・地下鉄
仕事場へ向かうために地下鉄に乗っていました。普段は大丈夫なんですが、体調が悪いとかなり酔ってしまいます。


・暑さ
街に濃霧がかかっており、ひんやりとした空気はありますが寒いというほどではありませんでした。しかし電車の中にはむわっと暖房がかかっており、通勤ラッシュですし詰めになった人間をさらにホカホカにあっためていました。
車内が混んでいるためコートを手で持つことも面倒で、少しならと我慢して着たまま乗ってしまいました。
このあと、主要駅でほとんど人が降りてかなりスペースが空いたので、せめてコートを脱いでいたらあそこまでひどくならなかったなと思っています。

 


以上が、貧血を起こした条件かなと思います。
今日は緩めのスカートを履いていて、襟ぐりに余裕のあるシャツを着ていたので大丈夫でしたが、体を締め付けるものがあればそれも原因になりますよね。

 


そういえば、「今日は寝不足の割には元気に動けているし目も冴えているなぁ」と思っていたくらいでした。


家の最寄駅からローカル線に乗り、満員の地下鉄に乗り換え、主要駅で人が降りていき、ドア近くの狛犬ゾーンを確保できてから2〜3分のできごとだった思います。


急に頭がボヤッとして、「眠気?」と思いました。
しかし次の瞬間「あ、やば、これ多分貧血…」と気づいた頃には、レンズに上からチョコレートがかけられたようにじわじわと目の前が真っ暗になっていきました。
イヤホンから流れる音楽に誰かがエフェクトをかけたのか?と思うほど音が遠くなり、電車のガタンゴトンという音やアナウンスも全く聞こえなくなりました。


倒れてしまいそうなところを踏ん張って、ドアに頭をもたげて必死で手すりにつかまり、意識して呼吸を続けることしかできませんでした。


急に魂を誰かに吸い取られたように体が冷えていき、それなのに顔や背中から汗がブワッと出たことがわかりました。


何度も座り込んでしまいそうになりましたが、座ると今度立てないかもしれない、仕事に遅れてしまうかもしれないと思ってなかなか意識的にも座ることができませんでした。


この間、2〜3駅分電車はしっかりと駅で停車して発車してを繰り返していましたが、何も見えず聞こえずで今どこの駅にいるかを確認できませんでした。 


かろうじて右手にある携帯を少し持ち上げて、時間を表示しますが、ところどころ光が見えて数字らしきものが見えるだけで何分かの判別がすごく難しかったです。


きっとそろそろ降りなければいけないとは思いつつ、もうすぐどこかの駅に停まりそうだという雰囲気が電車の動きから伝わりました。


アナウンスで駅名を言っているはずなのに聞こえない。駅名の看板が見えないので降りて良いのかがわからない。という中でかろうじて、アナウンスから母音の雰囲気のみ聞きとることができて(渋谷なら「いうあ」のように)、目的の駅だなと思って降りることができました。


電車から降りてすぐにコートを脱ぎ、夕方のように暗かったホームに光が戻ってくるのを感じました。電車が遅れていたので遅刻する恐れがあり、歩くことができていたのでなんとか乗り換えをしました。
視力も復活し看板が見えるようになっていたので、初めて降りる駅での乗り換えでしたがうまくいきました。
両耳が耳鳴りを起こしていて、相変わらず外の音が聞きづらい状況でしたが、普通に歩けるし目も見えるしでさっきまでの様子が夢だったように思えました。


次の電車に乗る頃には顔に汗をかいてボヤッとしてる人、くらいには戻ってきていたと思います。
残り数駅のところで席が空いて座れたので、そこでようやく母に「いまね…」とLINEを送ることができました。

 


きっと毎月のように今日の私と同じような思いをしている人がいると思います。毎月どころか毎週、いつでも、など。私は初めてでかなり戸惑ったし、このように詳細に残したいと思いましたが、いつものことすぎて誰にも言わない人もいると思います。


今後、それらしい症状でぐったりとしている人を見て勇気が出たらやりたいと思うこと(私がして欲しかったこと)を考えてみました。


(ぶっ倒れてる人だったら次の駅で担いで電車を降りるしかないと思うので意識がある場合です🙆‍♀️)

 


①YES・NOで答えられるような声かけで状況を把握する「貧血ですか?」「キツいですか?」


②(これは迷うけど)荷物をもってあげる 厚着していればコートなどを脱がせる


③椅子に誘導する 空いていなければ座ってる人に協力してもらえるよう声かけをする


④必ず降りたい駅があるのならそれを聞く 休むの優先で次の駅で降りたいとかあればそれも聞く 自分の降りる駅より先だったら別の人に繋げる


⑤同じ駅で降りるなら一緒に降りて状況によってはベンチに座らせたり駅員さんに繋げる


くらいかな…貧血を起こした時の正しい対応かわからないことも多いので、あくまで私がして欲しかったこととなります。

 


みんな〜〜〜無理しないでね〜😭😭😭😭😭