韓国ペンミ遠征 帰国時搭乗ゲートまでダッシュしがち

 

 

韓国最終日~~この日は帰るだけです。

 


2時間寝て、起きて準備をしてすぐにホテルを出ました。
昨日ホテルへ向かう時に近くに空港バスのバス停があることを確認していたので、始発便に間に合うように早め早めに。
始発便が4:30とかだったかな?6:55の飛行機なのでこれ乗れなかったらほぼアウトです。
まずはこのバス停で1番にならなきゃ!と気合を入れてバス停へ向かうと誰もいませんでした。

 


そして誰も来ないまま不安に10分ほど過ごし、やっと日本人が二人(たぶんシャヲル)が来てくれました。

 

 

ほぼ時間通りにバスが来て、社内を見ると8割席が埋まっていました。
無事に座ることができて、さあ寝ようかと思いつつなかなか寝付けない。
気づいたら次のバス停についていたんですが、そこには15人ほどが並んでいました。
もちろん乗ることができない人が出てきます。1つ隣の停留所にいたらと思うと…こわかった!

 


その後すべてのバス停を満席だから~とスルーしていきました。

 

 

仁川について、さっそくカウンターに並びましたが、ほかの時間の便の人もいて混んでました。とうとう「ナリタ~ ナリタ~ 6:55~」って呼ばれて別レーンへ。

 


チェックインを済ませ、保安検査へ向かうとここでも結構列が。

 

 

みなさん、いくつか前の記事を覚えていますか?

 

「もう乗れ~る事件」ですよ。そう、ここは仁川空港。

 


今回もコンコースへ向かうわけですが、私はもう「もう乗れ~る」ではなく「モノレール」だと理解していますよ。

だけどね、私がきちんと理解しているところで進んでいく時間は止められないし、保安検査の列を抜かしていき今すぐに抜けられるわけじゃないんですよ。

 


刻一刻とクローズの時間(6:40)が迫り、汗がにじむ…出国審査が終わったのは、6:25頃だったかな…ギリすぎ…

 


そっからもう乗れ~る乗り場までダッシュ!そしてこういう時に限ってあと少しのところで発車してしまうんですよね。
えぐえぐしながらもう乗れ~るを待つこと約2分、もう乗れ~るに乗り込んでひとまず安堵…
してられません!!!!もう乗れ~るを降りてから3本のエスカレーターを使ってゲート階まで行かなければなりません。当然ダッシュです。
ゲート階についてもダッシュです。なぜならもう6:35過ぎだからです。


クローズ時間が迫ると、スタッフの方が通路のほうまで出てきて「〇〇便~ ナリタ~」って言ってるんですよね、それが見えるわけです。
私は一生懸命パスポートとチケットを持った手を振って、まだここにおるぞ~~とアピールしつつ動く歩道ダッシュです。
ゼェゼェ言いながらゲートに着いたのは6:37とかでした。まだゲートがはじ~~の方とかじゃなくてよかった。ほんとにきつかったけど。


無事飛行機に乗り込むことができて安心しました。
私の座る席に別の人がいて、どうやらそこは5人家族でまとまっていて、なんと全員1列ずつ席を間違えていたとかそんなことがあり、
これからの日本旅行を楽しみに旅本を開くママの隣で気絶するように寝ました。

 

 

離陸の瞬間が好きで、いつもその前に寝てしまっても大抵音や振動で起きるんですが、
今回は1度起きたら離陸前、次に起きたら雲の上、その次に起きたら日本についてました。
飛行機に乗って起きていた時間は5分もなかったです。

 

行きにパスポートの自動化登録できませんでしたが、帰りは全員あの自動のゲート使うみたいですね。
私は最後のほうに飛行機出たので、もう周りに日本人がいなくて、おじさんスタッフ3人くらいにサポートされながら、寝ぼけた頭で混乱しつつとりあえず入国できました。

 


はい!!終わり!!日記、突然終わり!
旅行の日記ってどこまで書くべきかわかりません。


今回はとにかく大変で、あれ韓国旅行ってこんなに大変だったっけ?と何度も思いました。
6月にも行ったということもあってだとは思いますが、いつもは「またすぐ行きたいな~」と思うのに、今回は「しばらくはいいや…」となりました。
あ、でもこの前チェジュ航空の大邱就航記念セール見て大邱行きたくなりました。


皆さん読んでくれてありがとうございました~!
テムソロでも遠征いくつかする予定なのでまた日記書きますね。

 

 

次韓国にいくとしたら大邱とか~済州とか行きたいですね。
あとシンガポール行ってみたい。