まぶしい道 ドンウさんからテミンへの手紙

 

イ・ドンウさんのドラマコンサート「まぶしい道」にテミンが出演しましたね。

 

ドンウさんはゲストに(毎回?)お手紙を書いてくださるようですが、
これまでのゲストの方19名は、封筒を渡されて「何だと思う?」と聞くと
「お金ですか?」と答えたそうですが…
テミンは「お手紙ですか?」と聞いたそうですね(TT)

でもきっとほかの方々もお手紙だとわかってて「お金ですか?」と照れ隠しもあり、面白くしようともして答えたのかもしれないし。
テミン君をピュアと捉えるか、ただ面白くない返答をしただけと捉えるか…


もちろん私はテミン君、なんってピュアなんだ!天使だ!心が美しすぎる!!と、頭を抱えましたとも。

 

そしてドンウさんからテミンへ宛てられた手紙。

交通事故により片腕を失くしてしまったドラマーとその仲間たちとのお話でしたね。

 


ここからは私の完全に個人的な解釈なんですが、
ドンウさんは、今のSHINeeの状態を、5人から4人になったということではなく
SHINeeという1つの体から大切な一部が失くなってしまったように捉えてくれているのかなと思いました。
ただ数字が減ったのではなく、他では代えの効かない、意味と機能を持った一部が失われたと。

偶然連れてきたお話がそうであっただけで、本当はそこまでの意味を込めてないかもしれませんし、
あくまで私がそう感じただけですが…

いろんな人が世の中にはいて、散々私たちは未神経な言葉や態度に傷つけられてきました。
私たちにとって当たり前のようにとっても大切で、心をすべて預けられるような存在なのに、「たかがアイドル」とこの心の重さを理解してもらえないことがたくさんありましたよね。
そして優しいと思っていた人に裏切られたりすると、あんなにも日頃わたしのことを思ってくれている人でも、この苦しみは理解できないのかと悲しくてやるせなくて、気が付けば希望を持たないことが自分を守る術になっていました。

 

それでも時々、本当に私たちのことを考えてくれて助けてくれる人もいますよね。
ドンウさんは、テミンやSHINeeのことをとても優しく豊かな心で理解しようとしてくれたんだと感じて、そのような人とテミンがステージに立って発信できたことを心から嬉しく思いました。
はじめはとても心配していたし、テミン自身も緊張していたようですが、テミンにとってとてもいい機会だったんじゃないかと勝手に思います。


テミンが今の夢として

 

 


この答えを出しましたね。
きっと私たちにも、出来る限り最大限幸せでいてほしいと思ってくれていると思います。
テミンの幸せばかりでなく、自分自身の幸せを考えつつ…まあ、テミンの幸せになるようなことをしたいし、テミンの活動をこれからも応援できればそれが幸せなんですが、ただ突っ走るだけでなく、お互いより良い関係になっていくことが出来たら…と思いました。

 

キーくんのかわいいピンクの頭を見ることもできたし
今日はなんだか心が温かいまま終わることが出来そうです。