SHINeeWORLD 2018 FROM NOW ON  東京ドーム27日

ついにやってきてしまったオーラス。

ざわざわした気持ちのまま、家では洋服も決まらないし、

到着は遅れるし、いろいろとうまくいかなかったけど、なんとか席に着くことができた。

 

席はアリーナの真ん中より前方。センステの脇の辺り。

 

Colors of the seasonのイントロも聞くのは最後なのか、と寂しく思った。

 

メインステージでは、顔色がよくないように見えたけど、

ムビステに乗って風を切るその姿は凛々しく、いつも以上に輝いているように見えた。

 

テミンのダンスが、明らかに前3日間とは違う。

何かを追うように、生き急ぐようにしかし華麗に、舞い踊っていた。

 

Julietteのサビ、あは~んみたいな振付のところ、

オニュをほぼ真正面で見てしまって悩殺された。

 

Diamond Skyでは、ミンホが天に向かって「ジョンヒョニヒョーン!」と叫んだ。

その声をきっかけに、SHINeeもシャヲルも張りつめていた感情が破裂したようにドームいっぱいに広がった。

 

Ring Ding Dong,Ready or Not,Colorfulとライティングで盛り上がった後、

天井に浮かび上がる「ARE YOU READY?」の文字。

 

 

 

27日は京セラでの誓いを果たすために、気球はほぼ見ずにオニュとキーくんのデュオを見守った。とにかくかわいくて世界平和がそこにはあった。

「ステ~イ」やってくれなかったのは録画はいってたからかな。

 

 

そういえば、バンドメドレーの時にトイレにいきた過ぎてダッシュしたら、アリーナが迷路みたいになってた。行き止まり、行き止まり、そしてやっと出口を見つけたと思ったら詰まっててトイレに行くのを断念。

 

 

そのあとアンコール中に行けたけど、Sing Your Songに少し遅刻。

 

最後のI'm With You。

この曲を聴くと、許されている気がする。

讃美歌のような、キャロルのような、心地よさとハーモニーの煌びやかさがある。

「迷い込んだ 森の中で 君は道を失くした迷子

 月の雫 星の形も 見えないまま 君は泣いてるの?」

 

 

Every Time、ジョンが歌い踊る姿が本当に様になる、ぴったりの曲だったな。

セクシーで、歌のテクニックが必要で、シャウトやアレンジが活きそうな曲。

聞きたかった、見たかったよ。

 

Replayも、思いの積もる景色が広がった。

サプライズで掲げたそれぞれのカラーが、「FOREVER 5HINee」を描いていた。

メンバーは驚いた後、優しく微笑んでくれた。

オニュは「泣いちゃう、泣いちゃう」なんてかわいいことを言ってくれた。

「絶対戻ります」と言ったオニュ、ありがとう。

 

ダブルアンコールがかかったとき、今までは「シャイニ♪シャイニ♪」とコールしていたが、27日は1番のBメロあたりからReplayの歌詞がはっきりと聞こえ始めた。

 

 

今回最後のFROM NOW ON。

涙で震える3人、俯きながらもそこに在るテミン。